為替相場

サラリーマンをしながらトレードして稼げるのか?

今回はサラリーマンをしながらトレードして稼げるのか?ということについてお話したいと思います。

まず、私の自己紹介を簡単にさせていただきます。私は個人事業主を2年間経験し、法人化しました。

この法人化した理由の9割は法人FXをやるためでした。

すでにご存知のように日本のFX会社ではレバレッジが25倍までしか取引ができません。つまり、まとまった証拠金が必要になってくるということです。純粋にプロ連中を打ち負かせる方法をお伝えいたします。

 

今回は私も使っているヒロセ通商の口座を例として上げたいと思います。

通貨はドル円を例にポジションを持った場合になります。ヒロセ通商の個人口座では10万円の証拠金で2万5千通貨までポジションを持つことができます。1万通貨に対して4万円が必要になるということです。

では法人口座では10万円の証拠金だと20万通貨までポジションを持つことができます。

個人口座、法人口座ともにフルレバレッジのため、現実的ではありませんがポジションを持とうと思えば持てるということになります。

 

では現実的なポジションとしては個人口座では10万円の証拠金では1万通貨がギリギリだと思います。

仮に1万通貨のポジションを持った場合、残りの6万円で維持していかなくてはいけません。

この6万円では2円も円高になればロスカット間近となります。

雇用統計等の変動幅が大きい日程だとおそらくロスカットになってしまう金額です。このように10万円でドル円の1万通貨のエントリーではまったく勝負にならないということがわかると思います。

 

ではどのようにするかというとロットを下げるということです。

つまり、1万通貨では無く、1000通貨でポジションを作るのです。ただし、損も益も少ないことは承知してください。大の大人が小学生レベルの小遣いしか勝てないということです。

練習には良いのかも知れませんがこれはこれで資産運用では無く、暇つぶしになってしまう可能性が高いのです。

 

ではどうするのかということですがやはり、法人を作ることです。現在は法人を作ることは簡単です。

法人といっても格安の合同会社で良いと思います。

会社員の方でしたら会社が認めない場合が多いのですが資産運用のための法人ですと伝えると案外許されてしまうものです。

私の友人はたましんという信用金庫に勤めていますが在籍中に上司や支配人の許可を取り、不動産の大家さんをやりながら信用金庫の支店長をやっていました。就業規則ではもちろんダメですが銀行員や信金の方々にはこのようなことが当たり前のようになっています。

また、私が良く使うタクシーではFX法人を作り、日々、ドライバーとして活躍されている人もいます。

一般社会では現在、自分が勤めている会社と同じ業種であればダメの可能性が高いですが資産運用の法人であればそれなりに許されてしまうのも事実のようです。

 

話を戻しますが法人では10万円があれば同じ1万通貨を5000円でポジションを持てますので単純計算すると、95000円がロスカットに耐えられる金額となります。これは大きなハンデになります。

法人でFXをやる場合は圧倒的に有利だということです。どうぞ一度ご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメのFX業者です
DMM FX
全20通貨ペアで業界最狭水準!